スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第42回定例研究会報告

ここ研 第42回定例研究会報告

  テーマ:大正区の在日飯場村と釜ヶ崎
  報告者:水野阿修羅氏
  日時:2014年12月27日(土)16:00~18:00
  場所:大阪市立大学都市研究プラザ西成プラザ   参加者:23人

 1970 年 6 月に西成に来てこの街で生活している。 当時、朝鮮人差別の落書きが大変多かった。釜に来る求人業者に在日が多かった。労働者は「日本人より朝鮮人の方がたちが悪い」と言っていた。これは 事実ではないが下層での対立関係を形成している。そのころ寺島珠雄氏と出会い、釜ヶ崎と在日との生 活レベルで連帯できないかと考えるようになった。
1980 年代に全国の飯場を調査した。その時、博多築港のドヤ街、熊本白川河川敷のドヤ、札幌の豊平川のドヤなどを回った。不法占拠の所は70 年代 に無くなってしまい、ドヤ―不法占拠―在日の関係 についてはわからないでいる。
 尼崎には飯場村がある。ここは遊郭が飯場になった。大阪空港にあった飯場村の中村地区は、もともと大正区にあった空港(木津川飛行場)が伊丹に移転した時の工事をした在日がそのまま住みついてで きた。現在は移転が完了したが、1 軒だけ存在している。
 釜ヶ崎に求人に来ている在日業者のほとんどが大正区から来ていた。なぜ大正区に集中して飯場村を 形成しているのか。平井正治(『無縁声声』1997) 氏は尻無川に沈んでいる鉄屑拾いのガタロをやっていたのではと言っていた。大正区の飯場村にはNさん(後のN工務店)がスクラップの倉庫を置いたが、ここが大正飯場村の始まりではないかと考え ている。辛基秀さんの『大正区の朝鮮人』(1935-45)や『私の原体験 大阪・小林町朝鮮部落の思い出』(崔碩義)には戦前小林には一万人近い在日村があったと書かれている。外国人登録を調べると戦後は数百人に減っており、ほとんどが帰国したものと思える。戦前は朝鮮人の労働下宿が大正区、港区、此花区にたくさん有った。GHQが戦後人夫出しを禁止したので無くなったが、朝鮮戦争で復活してくる。大正区では戦前の労働下宿と戦後の人夫出しとはつながっていない。在日飯場のSとAは西成に出てきた。Aは飛田遊郭の真ん中に事務所を構える。Sはもともと露店のうどん屋だったが飯場をつくった。AもSも大正の飯場村 で飯場経営のノーハウを教わり西成へ出てきた。
 飯場経営のノーハウの始まりは姫路であったと言われる。高度成長期の姫路の工業地帯(播磨工業地帯)をつくるため、全国から労働者を集めた時に規模の大きな飯場経営が必要になった。在日の戦前からの 飯場経営のノーハウが活かされた。この事は今の東北の復興事業への進出にも引き継がれている。また 現在の飯場経営は建設と福祉を使い分けている。建設は警備との二枚看板を使っており、福祉は飯場で 生活保護をとらせている。
金時鐘、鄭承博、辛基秀、金文善、玄秀盛の各氏 に直接話を聞いたり本を読んだりして、在日の事を知るための参考にさせてもらった。
スポンサーサイト

第41回定例研究会報告

ここ研 第41回定例研究会報告            

  テーマ:在日コリアンの記憶をどう伝えるか
  報告者:
  中澤俊子氏(文化センター・アリラン) 「文化センター・アリラン活動報告」
  李美愛氏(在日韓人歴史資料館) 「在日韓人歴史資料館の設立とその後の活動について」
  藤井幸之助氏(同志社大学・こりあんコミュニティ研究会運営委員) 
           「関西における在日朝鮮人関係ライブラリー--1980年代を中心に--」
  渡辺泰子氏(高麗博物館ボランティア) 「高麗博物館の紹介」
  コメント1:柏崎千佳子氏(慶応義塾大学)、 コメント2:高野昭雄氏(千葉商科大学)
  日時:2014年11月15日(土)14:00~17:00
  場所:東洋大学白山キャンパス6402教室    参加者:30名
  主催:こりあんコミュニティ研究会   
  共催:東洋大学アジア文化研究所   
  後援:大阪市立大学都市研究プラザ

 今回の定例研究会は東京都文京区にある東洋大学にて開催された。
 まず中澤俊子氏から「文化センターアリラン活動報告」と題してご報告いただいた。文化センター・アリランは1992年に埼玉県川口市に創設され2010年6月に新宿区大久保に活動拠点を移した。図書館・研究・交流・図書販売の諸機能を有している。中澤俊子氏は個人的には許浚(ほじゅん)・医学書「東医宝鑑」に係わる活動を行っている。その目的は「中国に源を発する文化が朝鮮半島で咀嚼されてすばらしい歴史と文化になって日本に渡り、日本文化に根付いた。『東医宝鑑』はこの事を気づかせてくれる。これを日本の若者や在日の子供達に知らせて行きたい。」と言うことであった。
 次に「在日韓人歴史資料館の設立とその後の活動」と題し在日韓人歴史資料館学芸員の李美愛氏からの報告があった。在日韓人歴史資料館は2005年11月24日オープンした。歴史資料館の現在的意義は①これまでの在日朝鮮人の運動が権利を獲得するというものであったが、既に自らの歩んできた時代が歴史となり、在日朝鮮人史として後世に伝える運動として位置づける事ができる。②日本の近・現代史の中に在日の歴史を正当に位置づけ、無視・隠蔽して来た日本社会へその存在を示す。③在日に関する重要な資料の散逸を防ぐと同時に埋もれていた資料を発掘する。④これが一番大切だが、三世四世の歴史教育、社会教育の現場になる、と言うものであった。
 「関西における在日朝鮮人関係ライブラリー--1980年代を中心に--」というテーマで藤井幸之助氏が報告と問題提起した。従来の公共図書館には在日朝鮮人・朝鮮関係図書・資料がほとんどなかった。これに対して一世二世を中心にして、日本人も含めて私設図書館がつくられた。青丘文庫、猪飼野朝鮮図書資料室、学林図書室、青丘文化ホール、カラ文化情報センター、錦繍文庫の6館を説明したが、青丘文庫以外はすべてなくなった。在日朝鮮人関係ライブラリー・ミュージアムは個人的な努力では維持・運営は難しく、従って公的機関がつくるべきであり、その場は在日朝鮮人・中国帰国者・日系ブラジル人などの移民の歴史についても総合的に学べる場所である、とその構想を語った。
 また、今回の定例研究会では本会会員でもある高麗博物館ボランティアの渡辺泰子氏から、同館の取り組みについても特別の報告があった。高麗博物館は「市民がつくる日本・コリア交流の歴史博物館」であり、公的援助は受けておらず、会費と寄付そしてボランティアの活動で維持されているところが特徴である。設立は2001年12月、場所は新宿区大久保で7階が「文化センター・アリラン」、8階が高麗博物館になっている。基本的には「パネル展示」(最高28枚)を中心にして常設展示と企画展示がある。
 柏崎千佳子氏が以上の報告を受けてのコメントをしてくれた。テーマの「在日コリアンの記憶をどう伝えるか」を3つに分けると、「何を・誰に・どのように」となる。これらは決まりきったものではなく、今を生きる人達との関係の中で変わりうるし、これまでも変わってきた。「全米日系アメリカ人ミュージアム」(1992年・ロスアンジェルス)のメインの展示は、戦前の移民~戦時中の強制収容~戦後の権利回復運動であるが、直接に関わりのない日系アメリカ人も多く、実際には収容所体験当事者は減っている。ハワイの日系人は収容されていない。若者にはミックスの人達が増えている。日系とは何か、アイデンティティもはっきりしない時代になってきている。来館者も日系は少なく半分以下になった。そうするとミュージアムの存在意義は何かとなる。1つには、共通の体験や記憶がない人々に体験・記憶を伝えることの意味、受け継ぐことの意味は何かを考える事。2つ目には、一つの歴史に固定化されない、開かれた記憶のあり方とは何か。マジョリティの歴史が変更され、公的歴史が変わり得る可能性がある。一方で在日の歴史を考えたときには、1つの言い方でなく別の面の歴史もあると言うことが新たに出てくる事になる。3つ目には、記憶の残し方の様々な形態としてミュージアムや資料館などがあるが、『ハンメの食卓―日本でつくるコリアン家庭料理』のような、デイサービスで出される料理のレシピの本も、文化の残し方の1つの例である。
 東洋大学アジア文化研究所の松本誠一先生には開催にあたって大変お世話になった。あらためて御礼申し上げる。

第42回定例研究会のご案内

これまでの研究会の中で、コリアンコミュニティの形成と変容に深いかかわりのある飯場を本格的に取り上げることはほとんどありませんでした。今回は西成プラザが位置する釜ヶ崎にも言及いただきます。
2014年最後の定例研究会となります。会員・非会員を問わず奮ってご参加ください。

(事務局 石川)

**********

第42回定例研究会

テーマ:「大正区の在日飯場村と釜ケ崎」
報告者:水野 阿修羅さん
日 時:12月27日(土)16:00~18:00
場 所:大阪市立大学都市研究プラザ西成プラザ
     大阪市西成区太子1-4-31 太子中央ビル3階
      *1階の100円ショップをはいっていただきすぐ右側のドアから3階へあがってください。
        http://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/nishinari/
主 催:こりあんコミュニティ研究会
後 援:大阪市立大学都市研究プラザ
資料代:会員 無料 非会員 500円

第41回定例研究会@東京のご案内

事務局石川です。第41回定例研究会をはじめて東京でおこないます。
これまで、大阪で主に研究会をおこなってきましたが、
これを機に関東圏の会員の皆様、また会員外の方々にも定例研究会にご参加いただければうれしいです。

第41回定例研究会 
テーマ:在日コリアンの記憶をどう伝えるか

日時:2014年11月15日(土)14:00~17:00
場所:東洋大学 白山キャンパス 6号館4階 6402教室
http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html

主催:こりあんコミュニティ研究会    
http://kocoken2009.blog68.fc2.com/
共催:東洋大学アジア文化研究所(予定)  
後援:大阪市立大学都市研究プラザ(予定)

趣旨:
第41回定例研究会では変容するコリアンコミュニティや在日コリアンの生活、諸実践の記録をどう保存し、伝えていくのかについて焦点をあてる。こりあんコミュニティ研究会は2010年8月に撤去された大阪・龍王宮研究を大きな契機として発足し、その後、和歌山、西成、八尾など関西を中心に全国各地におけるコリアンコミュニティ研究をおこなってきた。記憶を保存し、より多くの人々に伝える営みは研究会において幾度となく取り上げられたが、なかでもミュージアム的機能をもった拠点は重要であろう。
その地に生きた人々の記憶を保存し、関係者だけでなく多くの人々で共有化する試みは、マイノリティの存在を隠蔽・浄化する新たな動きが加速する傾向に抗う基点となりうる。定例研究会を初めて関東圏で開催するにあたり、在日コリアン実業家を中心に設立された文化センター・アリラン、そして、在日コリアンの生活や労働の場で使われた様々なモノを収蔵する在日韓人歴史資料館、そしてかつて関西に数多く存在しつつもきえていった在日朝鮮人関係ライブラリーの取り組みの中から日本社会において在日コリアンの記憶を刻むことの意味、そしてそれをどのように伝えうるのか検討したい。

報告者:
中澤俊子さん(文化センター・アリラン) 
「文化センターアリラン 活動報告」   
理事として関わっている「文化センタ-アリラン」での取り組みとして、年二回刊行している通信や教養講座があるが、その活動内容とともに個人的に関与してきた「小説 東医宝鑑」についてのエピソードを中心に言及してみたい。
http://www.arirang.or.jp/
 
李美愛さん(在日韓人歴史資料館) 
「在日韓人歴史資料館の設立とその後の活動について」
在日韓人歴史資料館は来年開館10周年を迎える。在日一世の思い思いが集まりここまで来られたと思う。資料館開館までの道のりとその後の活動を通して在日の歴史を後世に伝えることの意味を考える。
http://www.j-koreans.org/

藤井幸之助さん(同志社大学・こりあんコミュニティ研究会運営委員)
「関西における在日朝鮮人関係ライブラリー―1980年代を中心に―」1980年代、神戸に青丘文庫、尼崎に錦繍文庫、大阪に猪飼野朝鮮図書資料室・学林図書室・青丘文化ホール・カラ文化情報センターなどがあった。今残るのは青丘文庫のみ。こんなにあったものがなぜ今ほとんどなくなったのか?

コメンテーター:
柏崎千佳子さん(慶應義塾大学)
高野昭雄さん(千葉商科大学)

司会進行:
石川久仁子(大阪人間科学大学・こりあんコミュニティ研究会事務局長)

*この事業は大阪市立大学都市研究プラザ先端的都市研究拠点共同利用事業の助成をうけて実施いたします

第40回定例研究会報告

ここ研 第40回定例研究会報告                  2014年8月12日
                               文責・岩山春夫(運営委員)
  テーマ:「在日コリアン高齢者の福祉アクセシビリティ
       -地域包括センターによる夜間中学へのアウトリーチ実践からー」
  報告者:木下麗子氏(関西学院大学人間福祉学部実践教育支援室)
  日時:2014年7月19日(土)17:00~19:00
  場所:大阪市立大学都市研究プラザ 西成プラザ     

 報告は、研究の背景、目的、方法、地域包括支援センター、夜間中学校、調査デザイン、調査結果、考察、今後の課題に分けて行われた。
 研究の背景として、日本社会が始めて経験する外国籍住民の高齢化は歴史的な渡航歴をもつ在日コリアンの存在であることが触れられた。統計データによると、日本の高齢化率25.0%(2013年9月)に対して在留外国人(206万人)の高齢化率(14万人)は7.0%であるが、その内の79.4%が韓国・朝鮮籍であり、その高齢化率は22.0%となっている。 
また、2003年に大阪府下で行われた「在日外国人高齢者の保健福祉サービスに関する利用状況等調査」では調査対象者が「日常生活で手助けを必要とする」と回答しているにも関わらず介護保険制度の申請に至っていないケースが62.6%存在した。その理由として、在日コリアン高齢者の制度的無年金や経済基盤の弱さ、低い識字率、文化的背景の相違などから、サービス利用へのアクセス問題を抱えている事例が明らかにされている。福祉サービスを必要とする人へのソーシャルワーク機能を考慮したアクセシビリティには「福祉アクセシビリティ」という概念が用いられ、本研究における鍵概念に据えられている。
 研究目的は、日本が始めて経験する在日外国人高齢者である在日コリアン高齢者の福祉アクセシビリティについて、阻害要因と促進要因を分析し、その構造と構成要素を検討する事である。研究方法は、越智の分析枠組み(越智2011)に変更を加え、地域包括支援センターによるアウトリーチ実践を対象とした調査の実施である。
 本報告における地域包括支援センターによるアウトリーチ実践の内容は、総合相談・支援事業の予防的アプローチ「サービスを拒否したり援助を受ける事に前向きでない人や、ニーズ・課題がある事に気づいていない人達に対して積極的に働きかける」に位置づけられる、在日コリアンの比率が極めて高い大阪A区の夜間中学校への情報提供活動である。
 調査デザインは、質的・量的調査を連続して実施していく「連鎖型ミックス・デザイン」探索型デザイン(池埜 2010)が採用され、本報告では第1フェーズの調査である、夜間中学校教員7名と地域包括支援センター4名へのインタビュー調査の報告が行われた。
 調査分析では、在日コリアン高齢者が福祉サービスへのアクセスを行う際の阻害要因及び促進要因になると考えられるものについてインタビューデータの定性的コーディングを行い既存の概念を用いてデータを検証する手法(佐藤2008)が用いられた。 
インタビューデータの分析では福祉アクセシビリティの構成要素として、「阻害要因」と「促進要因」の2面性を捉え、夜間中学校と地域包括支援センターとの2機関に分けて表を作成し整理した。分類表は1)社会資源―「コミュニティ」「キーパーソン」、2)情報―「情報ネットワーク」、3)運営―「関係機関との連携」、4)必要な人・利用者(当事者)-「メンタリティ」「行動力」「識字(言語)問題」、5)行政施策―「行政の役割」、のカテゴリーで構成されている。例えば「キーパーソン」欄からは「生徒さんが卒業すると学校との関係が切れてしまう」こと、「コミュニティ」欄からは「地域での集い場には在日コリアン高齢者の参加が少ない」ことが確認できる。
 調査結果に対する考察では、在日コリアン高齢者の福祉アクセシビリティの構成要素間の説明図式が作成され、以下が示された。①夜間中学校へ通う在日コリアン高齢者はおよそ半数の生徒が一人暮らしをしていることから、生徒の生活相談に対して担任の先生がキーパーソンになる場合がある②夜間中学校のインタビュー対象者7名中6名が、地域包括支援センターの存在を知らなかったことから、地域包括支援センターの機能の周知活動は、在日コリアン高齢者の福祉アクセシビリティの促進要因となる③夜間中学校は生徒が学びを通しての尊厳を回復する場所でもあり、教師との信頼関係がつくられる場でもある。キーパーソンがいるもとでの情報提供は在日コリアン高齢者にとって資源活用能力がエンパワメントされる機会にもなる。
さらに説明図式における8つの構成要素の関係性において導き出されたことは次の通りである。在日コリアン高齢者にとって安心できる「コミュニティ」における「キーパーソン」からの説明は「メンタリティ」の問題をクリアし福祉アクセシビリティの促進につながる。「情報ネットワーク」を築くこと「行政の役割」や「関係機関との連携」の推進は在日コリアン高齢者の「行動力」や「識字(言語)問題」に作用し得ると考えられる。
 全体をまとめて、地域包括支援センターによる夜間中学校へのアウトリーチ実践は、在日コリアン高齢者の福祉アクセシビリティを促進させること、夜間中学校は地域包括ケアシステムの整備を図る際のネットワーク拠点の役割を担う必要性があることが述べられた。
 今後の実践課題は、夜間中学校、地域包括支援センターの連携・協働による効果的なアウトリーチ実践のための意見交換会の実施や夜間中学校の教職員の地域ケア会議への同席の機会をつくること、地域包括ケアシステム構築を視点とした福祉アクセシビリティ概念のさらなる検討をおこなっていくことである。
 そして最後に、在日コリアン高齢者の福祉アクセシビリティの検討は、在日外国人の文化多様性に配慮した多文化ソーシャルワークへの言及にもつながる事である、と結ばれた。
プロフィール

kocoken2009

Author:kocoken2009
こりあんコミュニティ研究会は、こりあんコミュニティにおける生活と文化への理解を高めつつ、当該地域コミュニティの再生のあり方について議論しながら、日本国内に限らず共同調査及び研究を行っていくグループです。
問合せ先:kocoken2009@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。